まつ毛を傷める原因と対策

まつ毛にダメージを与える4つの原因と対策

 

 

 

ビューラー、マスカラ、つけまつげなど、まつ毛を華やかにするとどうしてもまつ毛を痛めてしまうことがあります。
ですが、そう簡単にやめるわけにもいきませんから、何かしら対策をこうじる必要があります。


 

 

ビューラー

ビューラー

「いつもどおりビューラーを使ったらまつ毛がごっそり抜けちゃった・・・」なんてことありませんか?
想定出来る原因は以下のとおり

 

まつ毛が生え変わる時期だった。
体調不良で調子が良くなかった。
ビューラーのゴムが劣化していた。

 

生え変わる時期や体調不良の場合は優しく丁寧に使うことが大切です。
意外とビューラーのゴム交換は見逃しがちです。被害を最小限におさえるためにも、気づいた時に交換することをおすすめします。

 

 

 

つけまつげ

つけまつげには色々なバリエーションがありますし、目元を強調するにはとっても素敵なアイテムです。
ですが、つけまつ毛を落とすときに、オリジナルのまつ毛がごっそり抜けてしまうことがあります。
その原因は目の周りの皮膚が薄く敏感であるため、頭皮よりも抜けやすいためです。

 

対策としては、つけまつ毛専用のクレンジングを惜しみなく使うことが重用なポイントです。

 

 

 

マスカラ

マスカラ

ウォータープルーフのマスカラは水や皮脂に強いため、必要に応じて大活躍するアイテムです。
一方、崩れにくい分、落としにくいことも事実。

 

メイクの拭きとりシートで落としたり、オイルタイプのクレンジングでオフしたりしていませんか?
このように無理してマスカラを落としているうちに、まつ毛に大きなダメージが加わります。

 

対策としてはしっかり、アイメイク用のポイントリムーバーを使うように心がけましょう。
なお、お湯で落とせるタイプのマスカラがありますからこちらもオススメです。

 

 

 

 

エクステンション

まつ毛のエクステはメイクの時間を短縮してくれるし、長い間まつ毛のボリュームをキープ出来る便利なアイテムです。

 

まつ毛のエクステンションはオリジナルのまつ毛に接着するため、オリジナルのまつ毛に負担が係ることも事実です。長期間のエクステはまつ毛へのダメージがかかっている原因となります。

 

対策としては、まつ毛の美容液や育毛剤などを活用して、オリジナルのまつ毛の土台をしっかり作ることがおすすめです。

 

 

 

 

効果のあるまつ毛の育毛剤一覧はこちら >>

スポンサードリンク